当院について

患者さんの権利と責務

患者さんの権利

1.個人として常に人格を尊重される権利
個人の人格や価値観などが尊重され、医療従事者との相互協力関係のもとで医療を受けることができます。
2.良質の医療を平等に受ける権利
社会的身分、人権、民族、信条、性別、障害の有無に関らず、良質な医療を平等に受けることができます。
3.十分な説明を受ける権利
患者さんとの良好なコミュニケーションを大切にし、わかりやすい言葉や方法で患者さんが理解できるまで説明し、十分納得を得られるよう務めます。もし、わからないことがあれば、何度でも質問してくださるようお願いします。
4.自分が受ける医療に参加し、自ら決定する権利
患者さんは治療に関わる情報を可能な限り正確に伝えた上で十分な説明と情報提供を受け、自分の意思で治療方法等を決定する権利があります。 また希望しない医療を拒むことや自らの意思で転退院することができます。希望により他院でのセカンドオピニオンを受ける権利があります。
5.自分が受けている医療について知る権利
自分の受けている医療について、わからないことがあれば、医療従事者に質問してくださるようお願いします。また、診療情報についても「診療情報提供に関する指針」に基づき開示いたします。
6.個人のプライバシーが守られる権利
診療の過程で得られた患者さんの個人情報の秘密保持や患者さんのプライバシーの保護について、厳正に取り扱っていきます。

患者さんの責務

1.
患者さんは、良質な医療を受けるため、医師をはじめとする医療従事者に対し、アレルギーや治療歴、服薬歴などの自身の健康に関する情報を、できるだけ正確に提供する責務があります。
2.
患者さんは、治療に必要な診療上の指示を守る責務があります。
3.
患者さんは、病院が定めた快適な療養環境を維持する責務があります。(飲酒による迷惑行為、喫煙、性的嫌がらせ、暴力、暴言、他の患者さん・職員への迷惑行為、器物損壊の禁止など)
4.
患者さんは、療養に要した費用を支払う責務があります。

上記の責務を果たさず、他の患者さんに御迷惑がかかる場合や医療従事者の診療の妨げになる場合は診療を中止する場合もありますのでご了承ください。