日本慢性期医療学会発表演題 赤木さん優秀賞受賞

平成28年10月27日(木)・28日(金)に石川県金沢市で開催された「第24回日本慢性期医療学会」で、当院ホスピス病棟の赤木さんが発表した演題「ホスピスボランティア活動の取り組みとその評価~終末期がん患者のQOL向上を目指して~」が優秀賞に選ばれました。


穂積理事長より賞状を受け取る赤木さん(右)

受賞した赤木さんからは「長年、外旭川病院のボランティアコーディネーターとして尽力してくださった寺永さんやボランティアさんの活動が、今回評価された結果なのだと思います。これからもボランティアさんと協力し、私たちスタッフもこれまで以上に患者さんや家族のために支えていきたいと思います。」とコメントをいただきました。

トピックス一覧に戻る

(2016.11.01更新)