ホスピス病棟のご案内

ホスピス長あいさつ

ホスピス長あいさつ

 ホスピスはがんとともに生きる患者さんとご家族を応援する場であり、体やこころの痛みを和らげ、その人らしく過ごせることをめざします。痛みが楽になれば退院することもできます。退院後は当院のホスピス外来に通院しながら、必要があれば再入院していただきます。また、患者さんの介護で疲れてしまい、ご家族に休養が必要な場合には、一時的に患者さんに入院していただくこともできます(このような入院をレスパイト入院と呼びます)。

 以上のようなケアの実現のために、当ホスピスではチーム医療の充実に取り組んでいます。チーム医療とは、医師、看護師、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー、ホスピスボランティアなどが、患者さんとご家族の生活の質の向上を目指して、連携し、協力し合うことです。 患者さんごとにチームで話し合い、ケアの方針決定や見直しを日々行っています。

 また、当ホスピスの特徴のひとつはボランティア活動に力を入れていることです。ホスピスボランティアの詳細については「ボランティア活動」をクリックしてください。

 私たちホスピスのスタッフは、「ここに入院してよかった」と思っていただけるように取り組んでおります。ホスピスに関心のある患者さんやご家族は気軽にご相談いただければ幸いです。

外旭川病院 ホスピス長 嘉藤茂

ホスピス長書籍