当院について

アートプロジェクト

アートプロジェクト

1988年の移転新築以来、「患者本位の医療」を心がけてきた当院は、居住環境の向上に取り組んできました。そして病院の中に「アート」を導入することで患者さんのQOLを改善し、少しでも精神的なサポートができるのではないかと考えアート導入を試みています。

ひとつは、病院環境にアートを導入する「環境アート」ですが、病院内に絵画等を飾ることで、従来の機能重視・無味乾燥なイメージのある病院を癒しの空間に変え、患者さんの精神的なケアの一助を目的としています。

病院エントランス
受付・待合室

アーティストによる企画展示

2013年12月21日~2014年2月2日、秋田県立美術館で開催された
村山留里子展「果てしなく近い楽園」に合わせ、
当院1階エントランスで展示されたクリスマスオーナメント