防火避難訓練・不審者対応訓練を実施しました

8月24日、診察室から出火したことを想定し、防火避難訓練を実施しました。消火器・消火栓の模擬操作や実際に消防署への通報訓練も兼ねて行いました。

また、外来患者さんの混乱を招かないよう、避難誘導体制についても確認を行っています。

防火避難訓練の後、刃物を持った不審者が受付に来院したことを想定した「不審者対応訓練」も行いました。

実際に刺又を使い、犯人を壁に追い詰めたり、逃走した犯人へカラーボールを投げつける訓練も実施。

刺又は、男性2名で押さえつけても意外と簡単にすり抜けられるため、脇の下と足の2か所をしっかり押さえるコツが必要であること、2本以上で押さえることがより効果的であることが分かりました。

今後も危機管理と防犯意識をもち、来院される患者さんの安全を確保しながらより良い医療サービスを提供できるよう対応してまいります。

 

(2016/08/24更新)
ページの先頭へもどる