地域講演会「本当に怖い肥満の話」開催報告

7月30日、外の気温は30℃を超すなか、外旭川サテライトクリニックの涼しいラウンジにて地域講演会が行われました。

今回は「本当に怖い肥満の話」というテーマで外旭川病院の管理栄養士小谷野千恵子さんに講師を務めていただきました。

肥満が原因で発症する病気は、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞や整形外科的な疾患など数多くあります。朝食を抜く、夜食を食べる、早食い、偏食、炭水化物から食べるは肥満の原因であり、その理由も詳しく教えていただきました。

栄養バランスの偏ったエネルギー制限は基礎代謝が下がり、リバウンドしやすくなります。野菜を1日350グラム以上摂取し、栄養のバランスを維持しながら減量することが大切という内容の講演でした。実際に2㎏の脂肪の塊も参加者全員が手に持ちましたが、予想以上の重さで多くの参加者からは驚きの声が漏れていました。

また、具体的にポテトサラダを作る際のマヨネーズの半分を無脂肪ヨーグルトにするなどのレシピもいくつか教えていただき、最後には健康体操で気分もリフレッシュすることができました。

外旭川サテライトクリニックでは、今後とも医療・福祉・健康をテーマとした講演会を開催してまいります。

梅雨が明けたこれからの季節は熱中症対策も大切です。当院のラウンジは快適な温度で冷たいお茶を準備しております。お近くにいらした際はぜひ当院へお立ち寄りください。

 

 

(2016/08/01更新)
ページの先頭へもどる