地域講演会「歯周病と全身疾患との関わり」開催報告

からだの健康はお口からということで、6月25日(土)「歯周病と全身疾患との関わり」と題して、当クリニックの歯科衛生士 渡邉ゆみこが講演しました。

食事を取る口ですが、様々な菌が300~500種類もあり、口の中の汚れが大好きな菌は歯周ポケットに入り込んで、どんどん増殖していきます。放っておくと血管に入り込んで全身をめぐり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こすこともあります。

歯周病を予防していくためには、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロス(糸)も使った自分で行うホームケア、そして定期的な大掃除とも呼べる歯科医院でのプロフェッショナルケアが必要です。

実際に歯ブラシの当て方・動かし方、歯間ブラシ・フロスの使い方のレクチャーもありましたが、それぞれ歯並びや磨き方のクセもあるので、ぜひ、歯科医院で磨き方の指導を受けることをお勧めします。歯科医院は痛くなくても受診してもいい、定期的な検査、プロのクリーニングが必要との講演でした。

参加者からは、活発な質疑をいただき、中には、日頃から当院歯科にかかっているが、衛生士が丁寧にケアしてくれて、来るのが楽しみ、受診後は気分が良いとのお声をいだきました。

外旭川サテライトクリニックは今後も、地域の皆様へ医療・福祉の情報を発信して参ります。ぜひ、地域講演会にご来院ください。

 

 

(2016/06/27更新)
ページの先頭へもどる