院内処方について

院内処方とは?

診察を受けた病院で処方箋をもらい、調剤薬局で薬を受け取ることを院外処方といいます。

これに対し、診察を受けた病院の薬局でお薬を受け取ることを院内処方といいます。

当院では、患者さんの利便性のため、原則として院内処方を採用しています。

窓口で支払う負担額はこんなに違います

同じ薬を処方してもらっても、院内処方と院外処方では下の例のように窓口負担額に大きな差があるのをご存知ですか?また、そのほかにも院外処方では様々な加算で追加料金が発生する場合もあります。

風邪で、飲み薬2剤(内服)5日分 + 解熱剤1剤(頓服)を処方した場合
院内処方 院外処方
医療機関
調剤料(内服・頓服)
90円
処方料
420円
調剤技術基本料
80円
薬剤情報提供料
100円
手帳記載加算
30円
医療機関
処方せん料
680円
調剤薬局
調剤料(内服)
500円
調剤料(頓服)
210円
調剤基本料
410円
薬剤服用歴管理指導料
410円
院内処方料合計 720円 院外処方料合計 2,210円
窓口負担額

3割負担 220円 + 薬剤料

1割負担  70円 + 薬剤料

窓口負担額

3割負担 660円 + 薬剤料

1割負担 220円 + 薬剤料

  処方薬局により若干の金額の違いがあります
高血圧で、飲み薬1剤(内服)14日分を処方した場合
院内処方 院外処方
医療機関
調剤料(内服・頓服)
90円
処方料
420円
特定疾患処方管理加算
180円
調剤技術基本料
80円
薬剤情報提供料
100円
手帳記載加算
30円
医療機関
処方せん料
680円
調剤薬局
調剤料(内服)
630円
調剤基本料
410円
薬剤服用歴管理指導料
410円
院内処方料合計 900円 院外処方料合計 2,130円
窓口負担額

3割負担 270円 + 薬剤料

1割負担  90円 + 薬剤料

窓口負担額

3割負担 640円 + 薬剤料

1割負担 210円 + 薬剤料

  処方薬局により若干の金額の違いがあります
高血圧と脂質異常症で飲み薬2剤(内服)14日分、腰痛で湿布薬(外用薬)を処方した場合
院内処方 院外処方
医療機関
調剤料(内服・頓服)
90円
調剤料(外用)
60円
処方料
420円
調剤技術基本料
80円
薬剤情報提供料
100円
手帳記載加算
30円
医療機関
処方せん料
680円
調剤薬局
調剤料(内服)
1,260円
調剤料(外用)
100円
調剤基本料
410円
薬剤服用歴管理指導料
410円
院内処方料合計 780円 院外処方料合計 2,860円
窓口負担額

3割負担 230円 + 薬剤料

1割負担  80円 + 薬剤料

窓口負担額

3割負担 860円 + 薬剤料

1割負担 290円 + 薬剤料

  処方薬局により若干の金額の違いがあります

当クリニックは患者さんにとってメリットの大きい院内処方を行っています

  • 外にある調剤薬局まで足を運ぶ必要がないため、手間と時間が省けます。
  • 調剤薬局の手数料分、自己負担が少なくて済みます。
  • 診察のお支払いとお薬代のお支払いが1回の会計で済みます。
  • 薬剤師が処方内容を担当医に直接問い合わせしたり、カルテを確認しながら、調剤を行うのでお薬の説明が的確でかつスムーズに行うことができます。
ページの先頭へもどる